オペラ「ザ・ラストクイーン」 再演のため。ご協力をお願いします。

 

 

<鳴り止まぬ拍手と涙で劇場を包んだ実話。国境を越えた愛の物語!>

 

日本の皇族から朝鮮王朝最後の皇太子・李垠殿下の元へ嫁いだ李方子(梨本宮方子)(1901年〜1989年)。
当初は政略結婚とも言われたが、ふたりはお互いを思いやり、痛みを分け合った……。李方子妃をモデルとした創作オペラ「ザ・ラストクイーン 朝鮮王朝最後の皇太子妃」は、オペラ歌手・田月仙の企画により日韓国交正常化50周年特別公演として2015年、新国立劇場で初演。2016年には文化庁芸術祭参加公演として再演を果たしました。
私たちは、平和への祈りが込められたオペラ「ザ・ラストクイーン」を日本各地で、また韓国でも上演したいと強く願っています。公演を実現するために、ご協賛のご支援をお願い申し上げます。御協力していただける方は、上記のメール、FAXなどでお申し出の上、下記の口座へ協賛金をお振り込み下さいますようお願い申し上げます。 
                    オペラ「ザ・ラストクイーン」実行委員会 田月仙

 

 

ご賛同頂いた方は、公演のプログラムにご芳名を掲載させていただきたく存じます。

 

 

オペラ「ザ・ラストクイーン」再演と韓国公演実現への協賛金 
一口:5000円(何口でも可)
《お振り込み先》 
三菱UFJ銀行 新宿中央支店 (普)6241195 オペラ ザ・ラストクィーン 田 月仙

 

 

 

問い合わせ